ファッション寄りな露出を楽しんだ1枚♪

 

 

好きに理由なんてないけれど

この写真に出会えるまで何年もの時間を過ごしてきたから

ドキッとくる1枚には誰よりも敏感だし、本物だと思う。